理想と現実のあいだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 田原総一朗講演会

<<   作成日時 : 2009/11/21 17:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、北大公共政策大学院の田原総一朗特別講演会を聴講してきました。
最初、進行役として若い学生風の男性が登壇したのですが、それが中島岳志准教授だと知って、ビックリ。さすがに、まだ30代の新進気鋭の学者さんですね。

画像

副題は「メディアの行方」だったのですが、話題のほとんどは、『朝まで生テレビ』と『サンデープロジェクト』の裏話で、とても面白かったです。
印象に残ったのは、”メディアは決して中立ではない”、テレビは政治家や広告主、視聴率に左右される。
”映像と活字では、伝わり方が全く違う”、活字では表現されない、表情やファッション、動作などが映像では瞬時に伝わってしまう、分かり易く便利であるが怖ろしいメディアである。
結局は、何ものにも惑わされず、真贋を判断出来る自分の物差しを確立出来るよう、本を読んだり、人に会ったり、いろんな世界の事物・事象を見聞して、自分の経験値を上げ、人間の幅を拡げる以外無いと改めて思った次第です。
まだまだ勉強しなくちゃ。

人気ブログランキングに参加していますクリックお願いします!
クリックしてもらえるとランキングアップに繋がります。どうかご協力お願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田原総一朗講演会 理想と現実のあいだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる