理想と現実のあいだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地デジ切換えの影響

<<   作成日時 : 2009/10/10 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、地デジに関する集合住宅共聴施設の改修等経費に対する助成説明会に出席してきました。
ウチの賃貸物件にも、ビル陰による受信障害の対象になっている建物が2軒あり、そのうち1軒は人の住んでない物件なので対象外なのですが、もう1軒は1ブロックほど離れた場所にあって、今回地デジに切換わると映るようになるかもしれません。つまり、地デジの電波は、アナログ電波よりもビル陰対象地域が大幅に減るらしいのです。そしてその結果、その建物が対象外になるのか、ならないのか、判断できなくて困っているのです。自分の予想では、地デジの電波は受信できるのではないかと思っています。もしそうならば、共聴施設を改修する必要は無く、逆に廃止することができることになります。
しかし判断がつかないまま、2011年7月のアナログ放送廃止まで放っておくのも無責任だし、その時になってから問題になるのも不安なので、何とか事前にはっきりさせておきたい、何か良い方法は無いかと悩んでいました。
出席者の皆さんも、規模は違えど、同じような悩みをお持ちのようで、単純な改修費用の問題だけでなく、ビル陰対象地域が狭くなるにあたり、それがどこまでなのか線引きするのが難しい、どうやって調査したら良いか、調査費用は助成してくれないのか、また、結果として今まで対象範囲だった建物が対象外になり、再度UHFアンテナを設置する場合の費用負担はどうなるのか、その建物までの要らなくなったケーブル撤去費用に対する助成は無いのか等々、質問、不満が百出で予定時間を大幅に越えていました。

画像

その中で得た有益な情報としては、今年度の助成申請に間に合わせるには、調査・見積りするにあたって、専門業者が少なく対応しきれない可能性があるが、この助成は今年度だけでなく、来年度についても続けられるよう調整中だということ(あくまでも予定なので今後の予算編成結果次第)。
受信調査に関して、デジサポでは、公道上の車からの簡易調査を実施済でそのデータを無料で提供してくれるが、さらに詳細な個別調査については、10軒に1箇所程度で、その必要性が認められる場合に限り申請を受け付けてくれるということ。
それも1軒1軒まわって調べる訳ではなく、簡易調査が車を走らせながら行なうとすれば、個別調査はポイントで停まって少しじっくり調べる程度だということ。
また、出席していたNHKの担当者によると、NHKでは地域の電気店を対象に地デジの受信調査方法として、1.5mの簡易アンテナと受信チェッカーを使って現地で調査する方法を講習しているとのこと。
従って、北海道電機商業組合に問い合わせれば、その講習を受けた電気店を紹介してもらうことは可能とのこと。

それにしても、今回のアナログ放送廃止は国会で決まったことだし、デジタル化は世界の趨勢で仕方の無いことだと理解しますが、その不満の源は、せっかく大金を掛けた施設を国の政策で再度お金を掛けて改廃するという事態に対する、国側の配慮不足にあると思います。何しろ、この助成の話も麻生政権の景気対策なる補正予算で可能になっただけで、当初は全く助成無しだった訳なのですから。また(少ないとは思いますが)既に完了済みの工事については、助成しないということなので、政府の方針に素直に従って、早々と工事を済ませてしまったところは、全額自腹で助成してもらえず、不公平なこと甚だしい状況です。
今後もこのような不満が強くなり、アナログ廃止間近になっても改修が思うように進まないとなれば、追加の助成策もあるやもしれないと、つい期待してしまうくらい、国のやり方は場当たり的かつ後追い的で不完全なものです。
今回出席していた総務省のお役人とデジサポの所長さんの回答内容も歯切れが悪く、彼らを相手にしても解決しない印象を受けました。結局は、大家や管理組合が団結して署名でも集めて、政治家に直接陳情した方が期待が持てるような気がします。
特に民主党政権に交代したことで、自分的には、自民党ではその気になりませんでしたが、誰か政治家にお願いしてみようかという気がしてきました。今盛んに政治主導とか言って騒いでいますが、今も昔も末端では、お役人相手にしてもしょうがないという印象に変わりないようです。こういう状況が政治家の汚職に繋がる悪循環なのではないかという気がします。いずれにせよ、まだアナログ放送廃止まで日にちがあるので、まだ紆余曲折ありそうです。

人気ブログランキングに参加していますクリックお願いします!
クリックしてもらえるとランキングアップに繋がります。どうかご協力お願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地デジ切換えの影響 理想と現実のあいだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる